2022年09月07日

S様邸新築工事(青森市佃)

koeisi-thumb

低燃費ZEH住宅
【工法】 外断熱+オール電化
【暖房】 1階:床暖房 
【完成】 令和4年9月
【面積】 平屋建 77.84㎡(23.5坪)


【施主様の一言】
かわさき住宅との出会いは2019年の冬に伺った完成見学会でした。そこで初めて床暖房の暖かさを体感し、こんな家に住めたらいいなと感じたものでした。実は、その時私は寒冷対策のリフォーム工事を検討していたのですが、白戸課長さんから平屋新築の大まかな費用を伺い、新築の方が長期的にみて有利だと認識を改めさせられました。その後、しばらく検討は中断していたのですが、2021年の夏、青森市に久々にマンション建設の話があり、その説明会に妻と二人で参加しましたが、その時聞いたマンションの取得価格と毎年の維持管理費は予想より高額なものでした。そこで以前聞いた白戸課長さんのお話が蘇り、「この額だと新築3軒は建てられるなぁ~」。ということで、私たちは急遽、住宅新築に向け動き出したのです。それからは毎月、勉強会と完成見学会に参加し、また、他社のモデルハウスの見学や完成見学会に参加し知識を蓄えていきましたが、構造計算から始まり、しっかりした基礎、断熱・気密性、耐震性、1階の床ほぼ全てをカバーする床暖房など地域の気候を熟知した対応、これまでのZEHの建設実績、最新のシロアリ対策、建築後のアフターケア、価格、なによりも仕事に対する誠実な考え方等々かわさき住宅が業者間でも抜きん出ているものと思います。私には「かわさき住宅」以外の選択肢は考えられませんでした。しかし女性の観点は男性とは大きく違うものです。他社のモデルハウスを見学しては、各所にお洒落なタイルをはめ込んだ壁や魅力的な照明器具・建具など、建物の躯体部分の性能によりその素敵な内装に妻の目は輝く一方です。そこで、私たちは完璧な「かわさき住宅」の躯体にこれまで見て気に入った内外装を盛り込んでもらおうということで白戸課長さんへ意向を伝えました。「ワガママ自由設計」を標榜する「かわさき住宅」ですが、ワガママ過ぎる私たちのお願いには辟易されたことと思います。白戸課長さんは「盛り沢山ですね」と言いながらも、こちらのお願いをほぼ叶えていただき、お陰様で望んでいた住居が出来上がりました。これからは冬の厳しい寒さや夏の酷暑から開放された快適で経済的な我が家で暮らしていくことが出来ると楽しみで仕方ありません。
川崎社長さん、白戸課長さん、施工に携わった全ての皆さん。本当にありがとうございました。
そして今後ともよろしくお願いします。

koe1.jpg

koe1.jpg

【Q1】動機 いつ頃から考えていて、どうして家がほしいと考えていたのか?
 具体的な検討を開始したのは2021年夏ころから
 年を取るにつれ、冬の厳しい寒さと大雪の時の雪かきが大変になってきたため、
 冬暖かいZEH住宅の検討をはじめました
 
【Q2】出会ったきっかけを教えてください。(どのうような感情であったか)
 新聞広告を見て、どのようなものかと気になり完成見学会へ行ってみました
 
   ・その時一番何が知りたかったか?
 具体的な所要経費について知りたかった

【Q3】どうして、もう一度会ってみたいと感じましたか?
   ・何かを期待していましたか?わくわくしましたか?楽しかったですか?
 完成見学会に参加して、断熱性能、床暖房システムが素晴らしいと感じたから

   ・新身に対応できましたか?的確な回答ができましたか?相談に乗れましたか?
 こと細かに説明していただき、信頼できる方と感じました

【Q4】初回面談はどうのように感じたのか?
   ・会社の雰囲気はどう感じましたか
 モデルハウスで面談させていただきましたが、真夏の暑い中、部屋がひんやり冷えて快適でした

   ・スタッフの対応はどのように感じましたか?
 とても気さくで親しみやすい雰囲気でした

   ・担当者の印象や振る舞いなど
 私たちの求めていることを親身になって聞いてくれました

   ・商品の印象など
 ZEHのこと、補助金のことなど具体的に説明していただき分りやすかったです
 
【Q5】打ち合わせ時、どのようなことが不安でしたか?悩みはありましたか?
それをどう解決しましたか?

 白戸課長の誠実さが伝わってきたので、全く不安はありませんでした

【Q6】どのような家にしたい、どのような生活をしたい、などという思いやライフスタイルを聞かせてください。
 冬暖かく、夏は涼しく快適で健康な生活
 冬、除雪の苦労が少ない生活